ニャンデスの主な寄付先であります、公益財団法人 日本アニマルトラストの感謝祭「にゃんだ祭り」に三日間、演奏と出店で参加してきました!
なんとかお天気がもち、三日目お祭り終わってから降り出すという…!
毎年11月に開催だったのですが、昨年の災害で復興が間に合わず、今年の5月開催となったそうです。

ニャンデスは年に二回、里親会とにゃんだ祭りに参加させていただいています。
約570頭の動物が保護されている施設です。
様々な事情で保護された動物たち。被災地からの保護動物もいます。
 
ニャンデスは実際に動物を保護したり、お世話をする活動はしておりません。
各地のイベントでグッズを販売し、売り上げは経費を除いて全額寄付。動物愛護の啓発。
この二本柱の活動をしております。
 
なので施設訪問は守るべき動物たちと触れ合う良い機会でありますし、気が引き締まる瞬間でもあります。

実際に毎日お世話されている施設のスタッフさんには頭が下がります。
老犬ハウスを訪問。体の不自由な犬たち。スタッフさんがどういう経緯でこうなったか等、説明してくださいました。
ここの施設では殺処分はされません。
寝たきりの犬でも寝返り補助、お下の世話、食事補助等、スタッフさんがされています。
毎日毎日…命ある限り…
 
時に、何の為にニャンデスをやっているのか忘れることも。
投稿のイイネがもっと付かないかな〜とか。
もっとフォロワー増えないかな〜とか。
 
承認欲求という化け物に飲み込まれそうになる!!
 
人の注目を集めないと啓発の効果は上がらないし、
売り上げがないと寄付もできないから注目を集めなきゃならないのだけど。
 
半分、化け物になりながらも、崩壊しては何にもならないと…
一人焦ったり滝汗かいたりしながら奮闘しております。
 
でも動物たちと触れ合うと、化け物が落ちます。
人間の勝手で行く当てのなくなった動物たち。
それでも人間を友として寄ってきてくれる。
 
「コツコツと続けるしかないね」
 
一気に解決する策があれば、もう既に誰かやってるよ。
 
ニャンデスにはご協力してくださる方が大勢いらっしゃいます。
決して一人でやっているのではない。
協力して良かったと思っていただけるように精進していきたいと思います。
今後ともニャンデスの応援をよろしくお願い申し上げます。
 
最後に一つ愚痴をば…
「また漫画のイイねが寄付や啓発の投稿のイイね超えてるし!そっちがメインじゃねぇ〜!!」
(どちらもよろしくです)